ホーム » 音楽 » 人は必ず死ぬものだけど簡単には割り切れないよTears In Heaven

人は必ず死ぬものだけど簡単には割り切れないよTears In Heaven

中学時代に、私はいじめにあっていました。死にたいと思うほど追い詰められていましたが、いじめを主導していた連中は私をそこまで追い詰めていたとは夢にも思っていなかったでしょう。
優位性を確認するためにマウンティングをしていただけの彼らを、今さら非難するつもりはありません。ですが、私の心に一生消えない深い傷を残した彼らを許すことはできません。その先の人生がこれほどつらいものであるなら、あの日、あの公園の、あの桜の木で、私は首を吊って死んでいたほうが良かったのではないかと思うことも少なくありません。もしも、彼らを名指しして非難する遺書を残して自殺をしていたら、私自身はこの苦しみから解放されて、彼らには一生消えない心の傷をつけてやれたのではないか……そんなことを考えてしまうのです。
私は心が狭く、さもしい人間です。

よく、生きていれば必ずいいことがあるから、生きているだけでラッキーなんだから、という励ましの言葉を聞きます。しかし、それは死のうかと思うほど苦しんでいる人間に対して、無責任で無礼な言葉だと私は思います。たぶん、そういうことを言う人は、苦しんでいる人の懊悩や絶望を理解しようとする姿勢に欠けているのではないでしょうか。
生きていてもいいことなど起こりそうにないと思えるから、悩むのです。未来の明るい可能性を信じられないから、苦しいのです。
そういう人と向かい合った時に、同じ苦しみの経験者として私にできることは、相手の吐き出したものを全身で受け止めてあげることだけです。もしひとつだけ助言をするとしたら、「あなたはたしかにろくでなしだが自分で思っているほどひどくはないと思う」とうことでしょうか。えてして、悩める人は自分の欠点に過敏になるものですから。

さて『Tears In Heaven』です。
これは、親しい者を死によって失った『残された者』の歌です。
誰もがいつかは死にます。残された者は、失ってはじめてその人の存在の大きさを痛感するのです。
と同時に、その人が生きている間にもっと何かしてあげられなかったのかと、後悔と痛恨の念に駆られます。
少なくとも両親に対してそのような思いをさせずに済んだことが、私にはわずかな救いです。

小説『ハッカー探偵と魔剣テュルフング』では、この曲がエピローグに登場します。
苛烈な戦いの末にたどりついた結末。得られたものと喪ったもの。こうしたすべてを抱えて、主人公たちは新たな一歩を踏み出します。
ノンストップのハッカー・エンタテインメント小説、ぜひお楽しみください。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください