ホーム » 小説 » おすすめ小説 » 作家のおすすめ小説「SF」編

作家のおすすめ小説「SF」編

いわゆるサイエンス・フィクションという小説のジャンルは、絶滅危惧種です。SFと銘打つだけで売れなくなるから、俺の作品はSFと呼ばずにサスペンスと呼べ、なんてことを言った作家がいるとかいないとか(^^)
そんな状態なので、あまりSF小説をネタに書きたくはなかったのです。下手なことを書くとマニアに挙げ足取りをされたりして、面倒なことこの上ないのです。どうせ、SFなんて一部の変態マニアが勝手に盛り上がっているだけの、狭い世界の話なのですから、ほうっておけばいいんです。

ただ、その変態マニアの1人として、私にはこの絶滅危惧ジャンルを布教する使命があります(^^)
なので、SFにはちょっと興味があるけど、あんまり熱く語られても困る、といったレベルの初心者の皆さんに、わかりやすくご紹介しましょう。

ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』

月面の調査中に、宇宙服を着た死体が見つかります。調べるうちに、その人物は50,000年前に死んでいたことが判明。なぜ、そんな時代の人物が宇宙服を着て月に? 壮大な謎解きの物語です。
ありえないはずの現実の裏にひそむ謎が徐々に解き明かされていく展開は、知的興奮を刺激されっぱなしです。さらに、この作品を単なる謎解きではなくロマンあふれる壮大な物語へと昇華させているエピローグは、必読です。

田中芳樹『銀河英雄伝説』

星間戦争が勃発した時代、『常勝の天才』に率いられた帝国軍と、『不敗の魔術師』が奮闘する同盟軍との戦いを描いた作品。天才を取り巻く個性あふれる将軍たちと、魔術師を支える魅力的な仲間たちが、物語を彩ります。
この物語は、現代にも通じる普遍的なテーマが軸になっています。人格・能力ともに申し分のない人物による独裁政治と、保身に走ってばかりいる政治屋たちによる民主政治、はたしてどちらが良いのか?
その結末は、あなたの目で確かめてみてください。

以上、おためしあれ(^^)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください