ジャズ喫茶ジョプリンのモデル

小説「ハッカー探偵と魔剣テュルフング」の舞台は、架空の街・チトカラです。
私が長年居住してきた実在の街をモデルにしており、小説に登場するさまざまなディテールを提供してくれました。

京王線で新宿から15分、という交通の便の良さもさることながら、賑やかな商店街と閑静な住宅街が隣接する、とても魅力的な街です。
小説の主人公であるハッカー探偵こと相川博美が事務所がわりに使っているジャズ喫茶「ジョプリン」も、モデルとなった店があります。興味のある方はぜひ(^^)

駅のすぐ近くですが、なかなかわかりにくい場所にありますので、ちょっと探すのに手間取るかもしれません。
あ、もちろん、実在のジャズ喫茶と小説に登場する「ジョプリン」は、まったく無関係です。残念ながら私、モデルとなった店には足を踏み入れたこともございません。
あしからず(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です